日本茶の種類

日本茶は栽培方法や摘採時期、製造工程などによって、様々なお茶に細別されます。
こちらでは、そんな日本茶の種類をいくつかご紹介します。

煎茶

普段からよく飲まれていて日本人になじみ深いのが、この煎茶です。煎茶は摘みたての新鮮な生葉を蒸したり、炒ったりして熱処理されており、緑茶の代表として約85%を占め、カテキン含量の高いお茶と言われています。また、渋味とうま味が調和したさわやかな香りが特徴です。二日酔い時に飲むのもおすすめです。

玉露

茶樹にあたる日光を避けるため、茶畑に覆いをかぶせて育てたお茶が玉露です。
茶畑によっては、良い茶葉を摘採するために年に一度しか摘採しない場合もあります。独特の香りとうま味を含んでいるのが特徴です。

ほうじ茶

煎茶や番茶などを高温で焙煎した茶葉がほうじ茶です。
焙煎の仕方も様々ですが、フライパンを活用し焙じれば家庭でも簡単にほうじ茶を作ることもできます。ほうじ茶は苦みや渋みもなくさっぱりとした味わいのため、お子さんやお年寄りでも飲みやすいことが特徴です。

茎茶

荒茶を仕上げる工程で選別機によって選別された茎を集めて作られるのが茎茶です。
玉露や高級煎茶の茎から作られた茎茶は、「かりがね」「白折」としても有名で、さわやかな香り、さっぱりとした味わいを楽しむことができます。

新茶

4月下旬から5月中旬にかけて生産された一番茶を新茶と言います。太陽の光をたくさん浴びた若葉を摘み、蒸したあとに揉んで製茶させた新茶は、蒸し方が浅いものほど淡い緑色のお茶(浅蒸し)になり、味もあっさりとしています。また、蒸し方が深いものは深く濃い緑色(深蒸し)になり、コクのある味になります。

美味しい日本茶が飲みたいという方は、茶葉専門店茶sasa茶にお問い合わせください。
茶sasa茶では、紅茶や日本茶、中国茶や台湾茶、ハーブなど約80種類の茶葉を取り扱っております。ゆっくりと試飲をしながらお好みの茶葉をお選びいただくこともできますし、通販で購入することも可能です。美味しい日本茶をお探しなら、是非茶葉専門店の茶sasa茶をご利用ください。