日本茶を美味しく味わうために

お茶には紅茶や日本茶、中国茶などありますが、すべてのお茶の木はカメリアシネンシスという木からできています。茶葉種は大葉種、中葉種、小葉種となります。
その中でも日本茶は私たち日本人の生活に欠かせない存在です。こちらでは、日本茶をより美味しく味わうための情報を紹介します。

水選び

美味しいお茶を淹れるための水選びは、酸素や炭酸ガスをバランスよく含む微酸性の軟水がおすすめです。

日本の水は、ほぼお茶に適した微酸性の軟水なので、水道水を使用しても特に問題はないのですが、水道水は安全のために塩素消毒がされています。カルキ臭によって香りや味が台無しになってしまいますので、水道水を使用する際は沸騰させてから使用することをおすすめします。

また、マグネシウム、カルシウムを多く含む外国産のミネラルウォーターは、硬水のためおすすめできません。ミネラルウォーターを使用する場合は、ボトルに表記されている有機物やマンガンの含有量と、硬度をチェックしましょう。

お湯の温度

お茶に適した水選びの後は、沸騰させたお湯と急須、湯のみに注ぐときの温度に注目してください。美味しいお茶を浸出するポイントとして、香味成分を引き出す温度がそれぞれ異なります。

例えば、旨み成分のテアニンは50度程で溶け出しやすく、渋みや苦味成分のカテキン、カフェインは80度以上の高温で早く溶け出します。渋みを抑えて甘味と旨みを引き出したい玉露の場合、50~60度のお湯で2分間浸出するというのは、こういった理由があるからです。香りが高く、渋みのあるほうじ茶、煎茶がお好みでしたら、80度以上の高温がおすすめです。

美味しい日本茶の茶葉をお探しの方は是非、茶の専門店として営業している茶sasa茶へお問い合わせください。日本茶の中でも新茶玉露煎茶ほうじ茶など様々な種類をご用意しています。日本茶以外にも紅茶、中国茶、台湾茶、ハーブなど 安心、美味しいにこだわった茶葉をご用意しました。

ご家庭用だけでなく、大きめの業務用サイズもご用意しておりますので、店舗で活用したいと検討している方にもおすすめです。全国のお茶好きの方にご利用いただけるよう、メールやFAXでのご注文も承っています。